初心者用、私の立会外分売のやり方のまとめ

 

最近なぜか立会外分売が好調です。

先日もインフォテリアの立会外分売に当選しました。

好調と言っても、1回の利益が数千円程度ですので、たいしたことないのですが・・・

それでも1年間コツコツと利益を積み重ねれば、ある程度の金額になるかと思います。

一応この記事で私の立会外分売のやり方をまとめておきますので、良かったら参考にして下さいね~

(初心者の方用の記事になりますので、中~上級者の方にとっては「なにをいまさら」な内容になるかと思います~)

 

SBI証券のサイトで日程をチェック

まずは立会外分売の日程をチェックします。

様々なサイトがあると思いますが、SBI証券のサイトが見やすくてオススメです。

SBI証券にログインした状態で、トップページ赤丸部分をクリック。

 

予定されている立会外分売の一覧表がでてきます。ほとんどの企業が、予定日の最初に実施しますので、最初の日付をチェックしておきます。赤四角で囲った部分ですね。

あとはカレンダーやスマホアプリにこの日付を入力しておいて、当日朝まで何もせずに待ちます。

(この間も情報収集等をしても良いのですが、私は立会外分売に費やす時間は朝の30分だけと決めていますので、当日朝までは何もしません。)

 

 

当日朝の30分で判断

立会外分売の注文締切は、SBI証券は8:20まで、松井証券は8:30までですので、朝の7:30~8:00の間に情報収集して、申込するかどうかを判断します。

私の場合は、今は春休みですが、平日でしたら息子を学校へ送り出すのが7:30ですので、そこから30分が勝負!という感じで生活リズムの一部に組み込んでしまっています。

 

 

判断の参考にしているもの

朝の30分で判断しなければいけないので、パソコンではなくスマホを使って素早くチェックします。

チェックするのは、ブログツイッターヤフーです。

 

ブログをチェック

オススメのブログを紹介しておきますね。

(特に許可は取ってませんので勝手にリンクさせて頂きました。もしもご迷惑な場合は言って頂ければすぐにリンクを外しますね)

立会外分売研究所

ブンバイ(立会外分売)やろうよ!

立会外分売でローリスク投資をはじめよう

私の場合、以上の3つのサイトをチェックして判断材料にしています。もちろん評価が良ければ申込する可能性が高くなって、評価が悪ければ見送る可能性が高くなります。

 

ツイッターのつぶやきをチェック

いくつかのお気に入りのフォロワーさんのつぶやきをチェックします。

ツイッターの場合、勝手に紹介しても良いか微妙ですので、ここでは紹介しませんが、何人かのつぶやきをチェックして判断材料にしています。

誰のつぶやきをチェックしているかを知りたい方は、私のツイッターの「いいね」を見ればだいたい分かるかと思います。

 

ヤフーでダウをチェック

これもかなり重要です。

朝の時間、日経平均はまだ値がついてないですが、ダウを見るとその日の日経平均が上がるか下がるかだいたい分かります。

もちろん日経平均が上がりそうな時は申込。下がりそうな時は見送り。

(私はヤフーのサイトを見慣れているので、これでチェックしていますが、ご自身の見慣れているサイトでチェックするのが最適かと思います)

なお、このダウのチェックがとても重要だと最近思うようになりました。

 

宣伝

宣伝で申し訳ないですが・・・(笑)

私も立会外分売がある日の朝はツイッターで自分の判断をつぶやいています。

冒頭の例で挙げたインフォテリアの場合はこんな感じです。

7:30~8:00の間に申込するかどうかの判断をつぶやいて、

9:00以降、なるべく午前中に結果をつぶやいています。

もしよかったらフォローして頂いて参考にしてくださいね。

(ただし朝に急用があったり、忘れたりでつぶやけない場合もあります・・・)

 

 

その他コツのようなもの

 

1、松井証券様様

私はSBI証券松井証券でしか立会外分売をやっていません。(カブドットコム証券には立会外分売はありません)

それでどっちが当選しやすいかと言うと、圧倒的に松井証券です。SBI証券はほとんど当選しませんので、立会外分売の為に証券口座をつくるなら松井証券がおススメです。

 

2.買付余力を多くする

私は証券口座に買付余力を200万円程度キープしています。よさそうな立会外分売があれば一気に限界まで買付余力をつぎ込むのが有効です。そうすると当選しやすくなります。

この場合でもたいてい1枚しか当選しませんので、大きく損することはあまりありません。

(ただし明らかに罠の立会外分売やSBI証券が独自で行っている立会外トレードなどは、申込が少なくて大量当選して大きく損する可能性もありますので、要注意です。)

 

3、証券会社を多くする

申込む証券会社を多くすれば、その分当選確率もあがります。

私の場合は、そのうち楽天証券にも口座を作りたいと思っています。

ただし実は、2と3が反比例するのでムツカシイところですね・・・

たくさん証券会社に口座を作ると、その分買付余力を分散することになってしまいますからね。。

 

4、板を見る

これは私はあまりやりませんが、当日のを見て申込を決める方もいます。

例えば松井証券のサイトで、売買画面から赤丸部分複数気配情報をクリック

 

このような画面になります。これがですね。どのくらいの売りと買いの申込が入っているかが分かります。

 

松井証券の場合、朝の8:00くらいから、このが見れるようになります。

松井証券の立会外分売の締切が8:30ですので、を見てから申し込むか辞めるかを判断することが可能です。

毎日立会外分売をやっているベテランさんなんかは、このを見てだいたい利益が出るかどうか判断できるのかもしれません。

ただし前述の通り、私はあまりは参考にしていません。

見せ板と言って、売買する気もないのに、ワザと大量の売り(買い)注文を出したりする人もいるようですね~

 

5、賃借銘柄

賃借銘柄だと事前に信用売りをする人がいるので、当日買い戻しが入って株価が上がりやすいと言われています。

ただ必ずしも賃借銘柄だけが利益が出るとは限りませんので、私は参考程度に留めています。

 

6、流動性と申込上限

流動性が高い銘柄の方が、株価が上がりやすいです。流動性が低いと立会外分売で放出した株を誰も買う人がいなくて、値下がりしやすくなるからです。

同じように申込上限が多いと、立会外分売でたくさんの株が放出されますので、値下がりしやすくなります。

従って流動性が高く申込上限が少ない銘柄の方が利益が出やすいです。

これも私は参考程度に留めています。

 

 

当選後の判断

ハズレの場合はそれでおしまいですが、当選した場合は、次は始値で売却するか、少し持ってから売却するか、翌日以降まで持ち越すかを判断します。

私の場合、始値で売って数千円利益が出るときは、たいていすぐに売ってしまうことが多いです。

それか少し我慢して、10:00~11:00あたりに売るとうまくいくことも良くあります。

ただしあまり欲張ってもいい結果が出ないことが多いです。ツイッターのつぶやきを見ていると、コーヒー代程度の利益だったとか、ランチ代程度の利益だったというつぶやきが多いです。

数千円程度の利益をコツコツと積み重ねていくのがいいのかもしれません。

また、基本的に次の日以降に持ち越すことはあまりしたくありませんので、変な立会外分売にひっかかって損失が出た場合は、やむを得ずその日のうちに損切してしまうこともあります。

 

以上になります。

立会外分売は基本的には利益数千円のローリスク、ローリターンな投資方法ですので、楽しみながらコツコツとやるのがいいのかな~と思います。

 

 

↓↓ この記事が役に立ったという方は、ポチっとクリックして頂けると嬉しいです。励みにして更にいい記事を書くように頑張ります~
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

女性起業家ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です